企業情報

ごあいさつ

皆様、日頃よりご愛顧賜り誠にありがとうございます。

昭和49年、車会社の需要が高揚し、それと同時に廃車のリサイクル需要も高まってきていました。その需要に応えたく“資源の有効活用”をコンセプトとして、名古屋解体を創業致しました。

車社会は、高度成長期の象徴として、たゆまず生産を続けるとともに、常に廃車を産み続けてきました。そのような情勢の中、資源の有効活用を訴える声が高まるとともに、リサイクルへの注目も集まり、中古の部品を有効活用する「リサイクルパーツ」や「リビルドパーツ」といった商品が誕生しました。

環境にやさしい時代の到来を迎えた今日、流通形態においても、従来の店舗型の営業スタイルだけではなく、インターネットでの情報発信、そして海外のマーケット需要も視野に入れた海外展開へと、この業界も非常に多様化し進化し続けててきました。それに伴い、世界での環境基準までも視野に入れた環境に配慮した企業展開が必要となっています。

そうした車社会の変遷の中で、名古屋解体グループは“地球環境にもやさしく、財布にもやさしい”をモットーに、カーリサイクルターミナルとして社会のお役に立つ所存です。

有限会社名古屋解体
代表取締役   新 井 博 貴


会社概要

創業 昭和49年
設立 平成2年 有限会社名古屋解体設立
資本金 名古屋解体/ 1,000万円
名古屋自動車工業/ 1,500万円
代表者 新井 博貴
従業員数 40名(平成29年10月現在)
年商売上 10億円(平成29年実績)
事業内容 自動車解体業務全般、リサイクルパーツ・リビルドパーツ販売、自動車の買取、中古車・新車販売、車検・点検・修理・板金・塗装業務、保険代理店業務
主要取引銀行 名古屋銀行、大垣共立銀行、十六銀行
グループ パーツランドナゴヤ、メイカイパーツ、有限会社名古屋自動車工業
提携・加盟 NGP自動車リサイクル事業協同組合加盟店

会社沿革

平成49年 名古屋解体として名古屋市守山区にて自動車解体業を開始
昭和62年 日本最大の自動車リサイクルグループ「NGP」に加盟
昭和63年 業者向けパーツ販売部門としてメイカイパーツを設立
有限会社名古屋自動車工業をグループ会社として設立
平成2年 有限会社名古屋解体を設立
平成5年 中古パーツ販売店舗としてパーツランドナゴヤを開店
平成17年 現在の拠点に新店舗及び新工場を竣工
各グループ会社を同拠点に移転し営業開始
有限会社名古屋自動車工業 整備部にて指定整備事業開始
平成19年 名古屋自動車工業 資本金を1,500万円に増資
平成25年 名古屋自動車工業 車販部として中古車展示場を同敷地内に開店
平成26年 名古屋自動車工業 社)全国総合福祉車両協議会に加盟し、福祉車両アドバイザー認定
中古車お探し専門店に加盟。車のお探し専門店名古屋守山店